2015/02/14

| もどる |

湧き上がってくる何か
取材でうちに来てくださった女性が
はじめて前掛けを友人の小さな男の子さんにプレゼントしてくれた

海外へ転勤がきまった一家の送別会でそのお子さんに渡し、締めてもらったそうで

その送別会の会場で

「自分の気持ちの中で何かが湧きあがって来て何とも言えない気持ちになりました」

「これが前掛けの力なんでしょうか?びっくりしました。」

と言われた。

我々としてはこれ以上ない嬉しい言葉

なんでだろう?

それはたぶん、前掛けという日本人の歴史、根底に刻まれた何かと、いま、が時空を超えてぶつかることで、産まれるものではないか

過去があり、いま、があり
点と点だったものが、予期せぬ角度からぶつかる瞬間に
「湧き上がる気持ち」がうまれ、
その気持ちが線になって未来を作っていくんじゃないか

哲学的な話?になるけど、
そういう理屈では無い湧き上がる気持ち、
に突き動かされ、背中を押され未来をつくっていく

そんなことを考えた。

|| コメントする || 世界に前掛を売る男 |
ハンドル Anything 西村
性別
星座 しし
血液型 A
ホームページ http://www.anything.ne.jp
興味のある分野
メッセージ ■有限会社エニシング代表取締役社長

1973年広島市出身、1996年中央大学卒。大学3年のとき、1年弱、アメリカ一人旅(留学)。
2000年、5年お世話になった食品メーカー江崎グリコを脱サラ。当初は「漢字TシャツAnything」開始。原宿などの路上で販売を始める。

2004年から前掛けの製造を開始し、帆前掛けの産地・豊橋の職人さんたちと出会い「前掛けAnything」スタート。
ニューヨークへの前掛け飛び込み営業、毎年のNYやロンドン展示会、など様々な経験をしながら現在に至る。
2019年6月に330坪の土地を買い、豊橋前掛けファクトリー設立。
悪玉コレステロールUPに悩む、3児の父(^-^)
●趣味:格闘技・プロレス観戦、世界&日本各地への旅、良い仕事してうまい料理と酒を気の合う仲間で楽しむこと^−^;

この日記では、日々思ったことや仕事などについて思うままに書いております。


(c) 2022 Kappe INC.