2015/08/22

| もどる |

需要の掘り起し
経産省さん、自治体さんから、13名の方たちが企業訪問でエニシングに。

せっかくなので、小金井で知ってもらいたい企業、起業の事例、

セブンイレブンのオーナー、若くして2店舗を経営する友人、大坪さんも誘って交流会を行った。



●終了後、主催のKさんから頂いたありがたいメールが参考になるかと思い、一部を掲載します^^

「需要の掘り起こし」という部分が大変印象に残りました。
先日ある大手メーカーの部長も「今は技術を開発しても売れない、それをどう売るかを考えないといけない時代」と
仰っており、課題はどの分野でも共通なのだと実感いたしました。

また、2:6:2のお話しも大変参考になりました。
こちらは企業支援のみならず、プロジェクトでの新商品開発や、
試行錯誤しているお土産開発にも大変参考になることでしたので、
そちらで生かしたいと考えております。

大坪オーナーのお話も大変面白く、大手のフランチャイズにもかかわらず、人の繋がりでお仕事をされてきたのだと感じました。
そのためか、フランチャイズ店でも地域密着をとても考えておられ、当方もフランチャイズ・大手小売店といっても、
分け隔てなく地域内での協力の道はあるのだと感じました。」


●こちらはTさんより(一部掲載)

「出会いを大切にする西村社長の活動がエニシングさんに結びついているのだと思いました。
また、“需要を掘り起こす”という話は大変興味深かったです。
産業振興において既存のシェアを獲得するという考え方が強いように感じますが、
自らが作り出す、掘り起こすという考え方は大変参考になりました。

地域の伝統産品振興をしている方と話す機会があったのですが、
“文化を諸外国に広めたい”という考えはあるものの、
“伝統は保護されるべき”という考えが強いのか、
それをビジネスとして成功させたいという意識は低いようです。

西村社長のような「売ること」に貪欲な人が
伝統工業・伝統産品を作る方、売る方の中に増えれば、市場原理に則った上で、伝統工業・伝統産品の活性化が行われるように思います。」


暑い中、小金井まで来ていただき、6時間の交流会、ありがとうございました。

昔の僕は、こういうときには良い面ばっかりはなしていたような気がするけど、
今は良い面も悪い面も、人それぞれ違うんだから認め合って刺激しあえばいいんじゃないか、と自然体で話せるようにはなってきたかな?

|| コメントする || 世界に前掛を売る男 |
ハンドル Anything 西村
性別
星座 しし
血液型 A
ホームページ http://www.anything.ne.jp
興味のある分野
メッセージ ■有限会社エニシング代表取締役社長

1973年広島市出身、1996年中央大学卒。大学3年のとき、1年弱、アメリカ一人旅(留学)。
2000年、5年お世話になった食品メーカー江崎グリコを脱サラ。当初は「漢字TシャツAnything」開始。原宿などの路上で販売を始める。

2004年から前掛けの製造を開始し、帆前掛けの産地・豊橋の職人さんたちと出会い「前掛けAnything」スタート。
ニューヨークへの前掛け飛び込み営業、毎年のNYやロンドン展示会、など様々な経験をしながら現在に至る。
2019年6月に330坪の土地を買い、豊橋前掛けファクトリー設立。
悪玉コレステロールUPに悩む、3児の父(^-^)
●趣味:格闘技・プロレス観戦、世界&日本各地への旅、良い仕事してうまい料理と酒を気の合う仲間で楽しむこと^−^;

この日記では、日々思ったことや仕事などについて思うままに書いております。


(c) 2022 Kappe INC.