2016/03/01

| もどる |

中央大学 細野先生
繊維流通の研究をされている中央大、細野先生の研究室へ。

母校訪問は実質20年ぶり。

歯に衣着せぬ言い方で、今の世の中のおかしなところをバッサリ切っていかれる先生のお話、とても面白く、納得だった。

「今の世の中の流れを見ていると、日本の企業が何をしなければならないか、自然と見えてくるだろう。例えば…。」

「俺は仕事柄、いろんな社長に会うが、サラリーマン社長は嫌いだ。他人事で…。」

「結局は自分に返ってくるのに、それが分かっていない人が多い…。」

などなど。

エニシングに取り組みについてもアドバイスいただいた。

ありがとうございました!

*帰りに母校の食堂へ20年ぶりに。中大の学食は当時日本一と言われたほど大きな大きな3階フロアにいろんなお店が入っている。

20年ぶりに訪問し、
コップの柄が変わっていなかったのと、四季、というもっとも小さなお店の「和風とんかつ」がまだメニューにあったのがうれしかった(笑)。

|| コメントする || 世界に前掛を売る男 |
ハンドル Anything 西村
性別
星座 しし
血液型 A
ホームページ http://www.anything.ne.jp
興味のある分野
メッセージ ■有限会社エニシング代表取締役社長

1973年広島市出身、1996年中央大学卒。大学3年のとき、1年弱、アメリカ一人旅(留学)。
2000年、5年お世話になった食品メーカー江崎グリコを脱サラ。当初は「漢字TシャツAnything」開始。原宿などの路上で販売を始める。

2004年から前掛けの製造を開始し、帆前掛けの産地・豊橋の職人さんたちと出会い「前掛けAnything」スタート。
ニューヨークへの前掛け飛び込み営業、毎年のNYやロンドン展示会、など様々な経験をしながら現在に至る。
2019年6月に330坪の土地を買い、豊橋前掛けファクトリー設立。
悪玉コレステロールUPに悩む、3児の父(^-^)
●趣味:格闘技・プロレス観戦、世界&日本各地への旅、良い仕事してうまい料理と酒を気の合う仲間で楽しむこと^−^;

この日記では、日々思ったことや仕事などについて思うままに書いております。


(c) 2022 Kappe INC.