2018/11/09

| もどる | ファン | ファンになる || ログイン

地鎮祭 終了
2018年11月9日(金)、
豊橋二川での新工場建設に向けた「地鎮祭」、終了しました。

すぐそばにある大岩神明宮を管轄する「羽田八幡宮」の神主さんに来ていただき、参列者はエニシング含め以下の方々。

豊橋商工信用組合 理事長 加藤 満氏
豊橋商工信用組合 二川支店 支店長 広中 茂良氏

豊橋市役所 産業部 商工業振興課
神藤将弘氏 滝野楓花氏

豊橋市役所 長久聖二氏

建設のナイス 遠藤氏、長川氏、高橋氏、設計の島袋氏

芳賀織布工場有限会社 芳賀正人氏

エニシング豊橋より 
影山幸範
前川圭子
田内まり

エニシング東京より
小倉佐恵
福田和真 
西村和弘

11時開始ころに少しずつ雨が降り始め、祝詞があげられるころには「かみなり」が。

神が鳴る、カミナリ、は新しい扉が開くときに起きる、とのこと。

社員の前川のおばあちゃんは、こういうときは「竜神さまが降りて来てくれた」と言っていたそう。

我々の地鎮祭のときに鳴り響いたカミナリは、終わって12時からの直会(昼食会)のあとにはカラッと晴れておひさまも出た。

まさに、我々の新しい扉を神様が見てくれていたかのよう。

なにより有難かったのは一緒にがんばってくれている豊橋、東京の全社員とともに、この共通の体験をできたこと。

いよいよはじまるよ、と。

当日朝、知人がメールで教えてくれたことは
「11月9日は 大政奉還の日、ベルリンの壁崩壊の日、だよ」ということ。

世の中が変わるきっかけになる日、なんですね。

我々もこれからブレずにやるべきことをやっていく。

大変なことは多々あろうかと思いますが、チーム一丸となってやっていきます。

タイミングは今、なので!





|| コメントする || 前掛工場設立の道程 世界に前掛を売る男 |
ハンドル Anything 西村
性別
星座 しし
血液型 A
ホームページ http://www.anything.ne.jp
興味のある分野
メッセージ ■有限会社エニシング取締役社長

1973年広島市出身、1996年中央大学卒。大学3年のとき、1年弱、アメリカ一人旅(留学)。
2000年、5年お世話になった食品メーカー江崎グリコを脱サラ。当初は「漢字TシャツAnything」開始。原宿などの路上で販売を始める。

2004年から前掛けの製造を開始し、帆前掛けの産地・豊橋の職人さんたちと出会い「前掛けAnything」スタート。
ニューヨークへの前掛け飛び込み営業、毎年のNY展示会、など様々な経験をしながら現在に至る。
日本、世界を飛び回る、3児の父(^-^)
●趣味:格闘技・プロレス観戦、世界&日本各地への旅、良い仕事してうまい料理と酒を気の合う仲間で楽しむこと^−^;

この日記では、日々思ったことや仕事などについて思うままに書いております。


(c) 2019 Kappe INC.