2023/01/18

| もどる |

やっぱり一番大事なことは
今回パリに来て、改めて一番大事だと思ったことが

実際に自分の足で歩いて、出会って、話して、感じて、整理して、自分の肚に落とし込む

ということ。

マーケティング用語でいう、プライマリーデータ(一次情報)。

◎プライマリーデータとかは:自らが集めた情報のこと

手間と時間はかかるけれど、それを怠っていては明るく楽しい未来は生まれてこない。

縁ing とは、まさにそういうこと。

社長西村としては、そこをどう「会社の仕組み」に落とし込むか、ということをずっとやってきているなあ、と。

工場だったり、ラボだったり、1枚から作れるオーダー前掛けだったり。

そこには終わりはなく、ここまでいけば合格、という到達目標を立てるものでもなく。

未来に向かって、いま、投資することも辞めず、只管直向きに繰り返していくことなのだなと、フランスの田舎町・ヴィトレで物流会社のステファンさん、ジュリーさんと話しながら想った。


Vitreの街並み



|| コメントする || 世界に前掛を売る男 |
ハンドル Anything 西村
性別
星座 しし
血液型 A
ホームページ http://www.anything.ne.jp
興味のある分野
メッセージ ■有限会社エニシング代表取締役社長

1973年広島市出身、1996年中央大学卒。大学3年のとき、1年弱、アメリカ一人旅(留学)。
2000年、5年お世話になった食品メーカー江崎グリコを脱サラ。当初は「漢字TシャツAnything」開始。原宿などの路上で販売を始める。

2004年から前掛けの製造を開始し、帆前掛けの産地・豊橋の職人さんたちと出会い「前掛けAnything」スタート。
ニューヨークへの前掛け飛び込み営業、毎年のNYやロンドン、パリ展示会、など様々な経験をしながら現在に至る。
2019年6月に330坪の土地を買い、豊橋前掛けファクトリー設立。
悪玉コレステロールUPに悩む、3児の父(^-^)
●趣味:プロレス格闘技、旅、うまい酒を気の合う仲間で楽しむこと

この日記では、日々思ったことや仕事などについて思うままに書いております。


(c) 2023 Kappe INC.