2013/09/21

| もどる |

大阪なんば高島屋イベント
大阪なんばの高島屋さんイベント。

初日、2日、はヒロアキが責任者となり、新メンバーのカズマと売り場に立ったが、
なかなか売れ行きも芳しくなく苦戦していると聞いていた。

3日目、ヒロアキは吹っ切れ
「空気を変える!でないとこのまま東京へ帰れない!」
と朝からビラ配りをしたようだ。

俺が行ったときには、3日目は良く売れていて、おまけにうれしかったのは
5年前、7年前、に買ってくださったお客様が 売り場に何名か来ていただいていたこと。

ヒロアキ、お前の気持ちが伝わったんじゃのう、

と言いながら、来てくださったお客様のありがたみで、不覚にも涙を百貨店さんの売り場で流してしまった^^;

ヒロアキを見ると、白いシャツが赤くなっていた
「ぼくもさっき興奮しすぎて鼻血が出たんですよ」

涙を流し、鼻血をだすエニシングの2トップ…

そんな会社、いいじゃない^^;

今回は苦しみが大きかった分、
お客様ひとりひとり、何年も前に作られた前掛けを持って来てくださる姿に心から
「今までこの仕事をやってきてよかった」
と感じた。

前掛けを売る、
ヒロアキと始めた当初はそんな前例がなかったこともあり、
(前掛けは貰うもの、くばるもの、だったので)
この7〜8年、本当に苦労に苦労の連続。
(今もそうか^^;)

だけど、その7年、8年、の時間をこの仕事に費やせていることに感謝。
しっかり積み重ねになっている。

前例の無い、道の無いところを進み続けるのは大変だけど、
それも御客さまが買ってくださっているから続けられているだけの話。

どっかのネット社会の実の無い誰かみたいに
打ち出の小槌はどこかにないかなあ、
と探し続けている7〜8年とはわけがちがう。

つらいことがあればあるほど、
そのぶん、今回みたいなありがたみを感じられる。

幸せとはその反動のことも含めて
幸せというような気もする。

そんなお客様、そして従業員たち、と一緒に仕事で来ていることに感謝。

俺はこれから愚だ愚だ言わないで
「いのち」をかけて、やるべきことをやる。

怖いことは無いし、悩んでいる場合でもない。

恵まれていることに感謝し、
心を一つにして、やります!
よろしくね^^

|| コメントする || 世界に前掛を売る男 |
ハンドル Anything 西村
性別
星座 しし
血液型 A
ホームページ http://www.anything.ne.jp
興味のある分野
メッセージ ■有限会社エニシング代表取締役社長

1973年広島市出身、1996年中央大学卒。大学3年のとき、1年弱、アメリカ一人旅(留学)。
2000年、5年お世話になった食品メーカー江崎グリコを脱サラ。当初は「漢字TシャツAnything」開始。原宿などの路上で販売を始める。

2004年から前掛けの製造を開始し、帆前掛けの産地・豊橋の職人さんたちと出会い「前掛けAnything」スタート。
ニューヨークへの前掛け飛び込み営業、毎年のNYやロンドン展示会、など様々な経験をしながら現在に至る。
2019年6月に330坪の土地を買い、豊橋前掛けファクトリー設立。
悪玉コレステロールUPに悩む、3児の父(^-^)
●趣味:格闘技・プロレス観戦、世界&日本各地への旅、良い仕事してうまい料理と酒を気の合う仲間で楽しむこと^−^;

この日記では、日々思ったことや仕事などについて思うままに書いております。


(c) 2022 Kappe INC.