2014/01/31

| もどる |

製造見習いカズマ、奮闘中
埼玉の藍染工場、小島染織さんで1月から製造の研修をさせてもらっているをカズマ。

今日、研修開始以来はじめて仕事現場を見せてもらったが、慣れない中で本当に良くがんばっている。

支給していただいている作業着も藍色に染まり、仕事終わりには顔や手も藍で青くなっている。
何より、話す「声」が大きくなっている。

周りの皆さんに大変よくしてもらっているようだ。

5時に仕事が終わり、6時〜駅前の居酒屋で製造を教えていただいている皆さんと懇親会。

シャトル式織機、という前掛けと同じ織りの機械を扱う職人さん達に日頃の御礼を伝え、仕事の話を聞く。

皆さん大変真摯な想いを持って伝統のものづくりをされている。

それは日本にとって、世の中にとって、とっても意義のあること、
皆さんはホントにすばらしい!
と僕の想いをそのまま伝える。

職人さんの中から、
「今度は俺たちが前掛けの豊橋へ行きたい」
という一言。

そのように、こころざしを共にした皆さんの想い、がその先へさらに広がっていく。
結果、新しい何かがうまれ、未来につながっていく。

それは本当に大事なこと。
言葉では言えないが、僕自身、自分がやってきたことのさらに次の可能性を見せていただいた。

小島染織の藍染職人の皆さん、ありがとうございました。

かずまもがんばれ!
皆さんも、共にがんばりましょう!
悔いのない人生を!
藍染のシャトル式織機の前で
盛り上がった皆さんとの懇親会
たくましく育ってくれている

|| コメントする || 世界に前掛を売る男 心にグッときたこと |
ハンドル Anything 西村
性別
星座 しし
血液型 A
ホームページ http://www.anything.ne.jp
興味のある分野
メッセージ ■有限会社エニシング代表取締役社長

1973年広島市出身、1996年中央大学卒。大学3年のとき、1年弱、アメリカ一人旅(留学)。
2000年、5年お世話になった食品メーカー江崎グリコを脱サラ。当初は「漢字TシャツAnything」開始。原宿などの路上で販売を始める。

2004年から前掛けの製造を開始し、帆前掛けの産地・豊橋の職人さんたちと出会い「前掛けAnything」スタート。
ニューヨークへの前掛け飛び込み営業、毎年のNYやロンドン展示会、など様々な経験をしながら現在に至る。
2019年6月に330坪の土地を買い、豊橋前掛けファクトリー設立。
悪玉コレステロールUPに悩む、3児の父(^-^)
●趣味:格闘技・プロレス観戦、世界&日本各地への旅、良い仕事してうまい料理と酒を気の合う仲間で楽しむこと^−^;

この日記では、日々思ったことや仕事などについて思うままに書いております。


(c) 2022 Kappe INC.