2014/05/01

| もどる |

羽生終了、豊橋開始
昨日、埼玉の藍染工場、小島染織さんを訪問。
うちの福田が4カ月に渡り製造見習いでお世話になっており、昨日がその最終日だったので、挨拶へ行ってきた。

慣れない製造と言う仕事にはじめて飛び込み、
小島染織の皆さんにお世話になりながらの4か月。
途中は不安そうな顔ものぞかせていたが、今日は晴れ晴れとしたたくましい顔に戻っていた。

いろんな要因があるだろうが、
どうやら20代の若い社員の方たちと友達になり、(年齢的に)兄貴分として慕われるようになったのが大きいようだ。

みんな人はひとりひとり、大事な仕事をしている。
自分では、中にいてはなかなか気が付かないけど、
都会でいても、田舎にいても、
みな、とっても大事な役割をもってしごとをしている。

福田かずま、次はいよいよ愛知・豊橋へ。
日本の前掛け、の長年受け継がれてきたものづくりの技術を未来へつなげていくため、いよいよ向かいます。

僕からは福田に言った。

「大きな流れが来ているから、お前だけがやってるわけじゃないから。
みんなでがんばってるんだよ。」

時代がいま大きく変わっている。
時代が変わると人の心が変わる。

そこに気が付いて、すぐ、動けるかどうか。
動くこと、経験し学び続けること。
1日1日の気付き、学び、そして「行動」が未来をつくる。
それしかない。

皆さん、共にがんばりましょう!

小島染織の皆さん、本当にありがとうございました。
このご恩は必ずお返しします。

|| コメントする || 世界に前掛を売る男 |
ハンドル Anything 西村
性別
星座 しし
血液型 A
ホームページ http://www.anything.ne.jp
興味のある分野
メッセージ ■有限会社エニシング代表取締役社長

1973年広島市出身、1996年中央大学卒。大学3年のとき、1年弱、アメリカ一人旅(留学)。
2000年、5年お世話になった食品メーカー江崎グリコを脱サラ。当初は「漢字TシャツAnything」開始。原宿などの路上で販売を始める。

2004年から前掛けの製造を開始し、帆前掛けの産地・豊橋の職人さんたちと出会い「前掛けAnything」スタート。
ニューヨークへの前掛け飛び込み営業、毎年のNYやロンドン展示会、など様々な経験をしながら現在に至る。
2019年6月に330坪の土地を買い、豊橋前掛けファクトリー設立。
悪玉コレステロールUPに悩む、3児の父(^-^)
●趣味:格闘技・プロレス観戦、世界&日本各地への旅、良い仕事してうまい料理と酒を気の合う仲間で楽しむこと^−^;

この日記では、日々思ったことや仕事などについて思うままに書いております。


(c) 2022 Kappe INC.